子供のための家庭学習教材比較

幼児・小学生の家庭学習教材を比較しています。実際に使用した体験談や情報もお届けします。こどもちゃれんじ・進研ゼミ・Z会・天神などの情報が満載です。

 

■ インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」

 株式会社日本学術講師会の教材で、インターネットを使って24時間いつでも有名予備校講師の授業が自宅で受講できるシステムです。
【教材の内容】
 低学年のコンテンツ数は国語と算数それぞれ約20~40、高学年で約60~120あります。各授業は平均8分ほど、長くても15分程度なので、小学生でも飽きることなく集中して聞くことができます。講義は教科書レベルの学習内容を習得できるよう構成されています。また、有名講師ならではの学校の授業では聞くことの出来ない塾のノウハウもふんだんに盛り込まれており、分かりやすくなっています。
さらに各講義ごとにプリントアウトして利用するセルフノートと問題がついています。セルフノートは講義内容で説明されるものと同じものが印刷されます。空いたスペースを埋めていくことでノートを取っているように活用できます。セルフノートを取りながら講義を見たら、問題を解いていくという流れです。
【特徴】
 通信添削教材とは違い、毎月決まった教材を届けるシステムではなく、子供のペース次第で先の学習をすることや、理解が不足している単元では、学年を戻ってでも学習し直すことも可能です。また、子供のレベルに合せてそれぞれが自分のカリキュラムを作成できまするのも特徴です。
また、塾に比べると、費用も月々3,000円と、非常に安く設定されています。

⇒ 使用体験記はこちら
⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細、受講申込みはこちら
インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」
 

■ e点ネット塾Plus「公立中高一貫受験対策」

 自宅学習システム「e点ネット塾」の公立中高一貫校受検対策向けコンテンツです。
【教材の内容】
 公立中高一貫校の入試は私立校とは異なり、学力による選抜ではなく、適性検査や作文などで選抜を行っています。
e点ネット塾Plusでは、全国の公立中高一貫校で出題された適性検査の問題を社会・算数・理科・総合に分類し、さらにテーマ別に分け、公立中高一貫校受検のためのオリエンテーション、体験授業に加え、テキストで扱われている全問題を映像による講義で解説します。また、適性検査で求められる作文のための作文・文章添削サービスも用意されています。このようなカリキュラムは6年生の1年間で行われます。
【特徴】
 なんといっても、公立中高一貫校の受験に特化したカリキュラムと教材が提供されることです。他の教材ではここまで対応しているところはありません。適性検査はもっとも配点が高く、必ず得点を取っておきたい部分でもあるので、このような教材は受験生にとって非常に役に立つと思います。
費用は月々7,500円と、受験対策の分、通常のe点ネット塾よりも高くなってはいますが、塾での受験対策に比べると、非常にリーズナブルな設定であるといえます。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細、受講申込みはこちら
e点ネット塾 公立中高一貫受検対策
 

■ スタディサプリ小学講座

リクルートが運営するオンライン学習システムです。小学4年生から6年生までが対象です。
【教材の内容】
 大手学習塾で指導実績のある一流の先生による授業動画を見た後に、「スーパードリル」という問題集を解いて理解を確認していきます。ドリルで間違ってしまった問題は、「チャレンジ問題」でまとめて効率的に学習ができるので、苦手な部分がわかったつもりでそのまま放置されることがありません。
約130の講座があり、各授業は約15分の動画で構成されていることから、少し空いた時間に好きな場所で学習できるので、無理なく継続が可能です。

レベル的には学校の授業の予習復習が中心ですが、中学受験に向けた応用講座も用意されています。
【特徴】
 苦手な部分をできるようになるまで繰り返し学習しながら克服し、効率的に理解度を高めることができることが特徴です。また、わずか月額980円で5教科、すべての機能が利用可能です。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細と受講申込みはこちら
神授業、見放題。スタディサプリ小学講座
 

■ 学研ゼミ

株式会社学研教育アイ・シー・ティーが運営するオンライン学習システムです。小学1年生から中学3年生までが対象です。
【教材の内容】
 「ワンダードリル」、「スマートドリル」など7のコンテンツを使って学習を進めます。  「ワンダードリル」はゲームのような楽しさを加えた新感覚ドリルです。ドリルの世界にキャラクターとして参加し、仲間と世界を冒険していきます。クリアするたびにポイントがもらえたり、次のステージに進む楽しい仕掛けになっており、毎日挑戦したくなるような工夫がなされています。科目は国算理社英です。
 「スマートドリル」は、スマートドリルは国社算(数)理英(中学のみ)に対応した、学研オリジナルドリルです。教科書に対応した内容が配信されるので、教科書に沿って進められ、授業でわからなかったところを、自分のペースで解消することができます。家庭での予習・復習はもちろん、中学入学準備や定期テスト対策にも活用できます。また、学習プランを立てたり、学習履歴が見れるので、達成感を感じながらすすめられます。
 この他にも「学研図書ライブラリー」、「学研チャンネル」、「学研ジュニア新聞」、「学研デジタル百科事典+」、「キッズクラス」といったコンテンツも用意されています。
【特徴】
 専用のタブレットではなく、パソコンやスマホなど様々なデバイスで利用可能です。自分で自律的に学習できるような仕掛けがたくさんあり、楽しく勉強できるつくりになっています。費用は、コンテンツ当たりで月額500円で利用可能です。

⇒ 詳細、受講申込みはこちら
 

■ インターネット家庭教師Netty

 家庭教師&個別指導塾ノーバスの教材で、東大・早稲田・慶応など難関大学出身・在籍の人気教師の授業をインターネットを通じて、全国いつでも・どこでも自宅にいながら受けられる全く新しい家庭教師サービスです。
【教材の内容】
 自宅に来る家庭教師と同様、子供が必要としている内容を学習できます。教材も自宅にある参考書・問題集等が使用されます(必要であればNettyからの提供も可)。また、学習のカリキュラムとして、小学生コースとして8つのコース(勉強の習慣づけ、文章題克服、読解力アップ、中学受験準備、集中力アップ、漢検・数検、英語入門、私立小サポート)に加え、中学受験コースとして7つのコース(ノーバスオリジナル、各進学塾併用、過去問対策、面接対策、基礎から総復習対策、志望校対策、難関校対策)がそれぞれ設定されています。
【特徴】
 インターネットを利用したオンライン双方向学習できることが最大の特徴で、映像と音声を使ったリアルタイム対話機能で、お互いの顔を見ながら会話することができます。また、教師や受講生がホワイトボードに文字や図形を描き、お互いにそれらを見ることができます。
自宅に来る家庭教師同様に、わからないところをすぐに何度も質問することも可能です。また、家庭教師をつけたいけど自宅に来られるのには抵抗があるという方にもちょうどいい教材です。また、 家庭教師派遣・通塾に比べて費用を抑えられること(月4回(週1回)の月額で8000-11000円)もメリットの一つです。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細、受講申込みはこちら
インターネット家庭教師Netty
 

■ デキタス(小学講座)

 株式会社城南進学研究社 のインターネット学習システムです。小学1年生~中学3年生までが対象です。
【教材の内容】
 学校の授業を完全に理解することに主眼を置いた今日内容になっています。学校の教科書の単元に沿った5分程度の授業動画とその確認問題と発展問題からなる演習問題を解いていくというサイクルが基本の流れです。
授業動画は、アニメのような親しみやすいキャラクターにより展開されます。細かい単元毎にわかりやすく、話を進めていきます。進め方は自由で、わからないところがあれば、最大1年前までさかのぼることができ、繰り返し理解するまで学習できます。ウェブにアクセスできる環境であれば、いつもでどこでも学習可能です。
また、学習の進捗を親もチェックすることができ、本人はもとより保護者も学習状況を把握できる機能などサポートも充実しています。
【特徴】
 教材は城南予備校で培ってきたノウハウが反映されています。また、費用は全科目(小1-2年:国算英生活、小3-6年:国算英社理)で毎月3000円と、非常にリーズナブルです。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細と受講申込みはこちら
デキた♪がどんどん増えていく!小中学生向け通信教育デキタス誕生♪
 

■ ネット問題集 ガクネット

 株式会社日本学術講師会の教材で、インターネット経由でさまざまな問題が配信される家庭学習教材です。
【教材の内容】
 小学校1年生から6年生までに学ぶ内容が5教科(算国理社英)それぞれで単元ごとにまとめられていているので、学年に関係なく体系的に学ぶことができる構成になっているます。内容は学校の授業の予習復習が中心です。また、各単元を10~20のステップに分け、各ステップの問題の正解率に応じてレベルが上がったり下がったりする「レベルアップダウン機能」や、同じ問題でも数字や設定を変化させて応用力と計算力を身に付けることを狙った「問題シャッフル機能」など、プロ教師の指導方法が取り入れてています。
【特徴】
 問題の配置(学年毎ではなく、関連する単元毎)や問題を解き進めていく方法(レベルアップダウン機能など)、他の問題配信型のネット教材との差別化が図られています。費用は月々5,000円程度です。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細、無料体験・受講申込みはこちら
 ネット自宅学習塾は【ガクネット】
 

■ ネット松陰塾

 株式会社ショウインの教材で、インターネット経由でさまざまな問題が配信されます。
【教材の内容】
 問題数は全教科約12万題を自由に選択できるので、他の問題集や参考書類をそろえる必要はありません。各学習単元を10~20のレベルに細分化し、階段状に難易度を配列されており、レベルごとの正答数によって進み具合を選択できるので、できる分野はどんどん先に進み、できない分野は自分のペースで考えさせ思考力を養うことができます。小1~中3までの「全学年」「全教科」の学習ができます。
学習の際には、専用学習ノートに書くことで暗記力をつけるようにしたり、問題を解く際に制限時間やプレゼント交換のためのポイント獲得などといった目標設定することによる集中力の向上などさまざまな工夫がなされています。
また、各生徒に担任の先生がつき、学習履歴をチェックして定期的にTV電話Skype(スカイプ)による学習指導も行なわれます。
【特徴】
 講義の映像を見て受講するのではなく、配信される問題をどんどん解いていく形が特徴的です。また、専用学習ノートに書くことで暗記力をつけるようにしたり、問題を解く際に制限時間やプレゼント交換のためのポイント獲得などといった目標設定することによる集中力の向上などさまざまな工夫がなされています。1年生から6年生まで全5教科使い放題ですが、サポートの時間・頻度と内容によって費用が異なり、8,000~24,000円までの設定になっています。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細と受講申込みはこちら
インターネットを活用した次世代型完全個別指導塾【ネット松陰塾】
 

■ Axisオンライン(旧ワオティーチャー)

 ワオコーポレーションの教材で、オンラインで家庭教師による指導を受けることができます。
【教材の内容】
 生徒の自宅と先生をインターネットでつないで指導するスタイルで、目的に合った先生を全国から選べます。例えば、苦手教科を基礎・基本まで戻ってマンツーマンで指導してもらいたい場合は大学生講師、難関中学受験には豊富な指導経験と合格実績を誇るプロ講師といったように、あらゆるニーズを満たしてくれます。
 また、他の塾との併用や、苦手科目だけ指導してもらいたいなどといったニーズにも対応できるようになっています。
 教材は目的に応じて生徒が使っているものや、独自教材も利用可能です。さらにオリジナルのデジタルノートとデジタルペンを使用して勉強を進めます。手書きで解いた問題はそのままデータとして保存でき、添削内容と共に後から復習できるようになっています。
 更に、教育アドバイザーがカリキュラム作成や進路相談を中心に、学生のの目標達成を全面支援してくれます。
【特徴】
 目的に合った先生を全国から選べることで、従来の家庭教師のデメリット(先生との相性、自分の目的との不一致など)を解消できるという形が最大の特徴です。費用は講師の種類(所属大学、プロ講師)によって異なりますが、月4回(1回40分/受験目的以外)で旧帝大の大学生講師の場合、約1万円です。受験目的やプロ講師であればその倍くらいになります。なお、複数の講師を組み合わせることも可能です。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細と受講申込みはこちら
オンライン家庭教師/個別指導 Axisオンライン
 

■ 秀英iD予備校自宅学習コース(小学講座)

 秀英iD予備校のインターネット学習塾です。小学5・6年生が対象です。
【教材の内容】
 教科書に沿った学校の授業の予習・復習に加え、応用力を養うことのできる講座が科目別講座(英算国)と、それらを組み合わせた「講座セット」が用意されています。
それぞれの講座では、映像授業→基本問題演習→頻出・応用問題演習→ハイレベル問題演習→Webチェックテストといった流れで進めます。オリジナルのテキストに沿って進められます。映像授業は1単元15分程度で、1科目約50程度の授業数があります。
また、学習の視聴履歴をチェックすることで、本人はもとより保護者も学習状況を把握できる機能などサポートも充実しています。
【特徴】
 秀英予備校の選りすぐりの講師陣が問題演習を通じて応用可能な解法を教えてくれるところが大きな特徴です。また、
費用は1科目あたり、6ヶ月タイプで18000円と、通塾に比べて非常にリーズナブルです。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細と受講申込みはこちら
秀英iD予備校自宅学習コース(小学講座)
 

■ スタディ・タウン中学受験【10倍分かる過去問(映像版)】

 株式会社シンドバッド・インターナショナルの教材で、中学入試のプロ講師が過去問を映像授業で解説します。
【教材の内容】
 中学別の過去問を中学入試のプロフェッショナル講師がネットの授業で解説してくれます。志望校の気になる過去問をわかりやすくポイントを押さえて解説してくれるので、志望校の問題の傾向や過去問題集の答えではわかりにくい効率的な解答方法も理解しやすい内容になっています。
また、その他にも受かるための勉強方法などの解説も含まれているので、単に過去問の解き方を教えてくれるだけでなく、どうすれば解答できるのかということも学習できる内容です。
なお、過去問の範囲は首都圏の有名中学が網羅されており、入会後入試が終わるまで何度でも受講可能です。
【特徴】
 中学入試の過去問に特化したプログラムが最大の特徴です。ある意味、受験対策として最も効率的な教材ではないかと思います。志望校の過去問を扱っている講義の映像を購入するスタイルなので、費用については一概に言えませんが、塾の冬期講習などに比べればかなり低価格ではあると思います。

⇒ 教材の評価はこちら
↓詳細と受講申込みはこちら
スタディ・タウン中学受験