top

サイト内検索

ウェブサイトはどのようにして見えるのか?

【Webサーバへのアクセス手順】
 普段使っているウェブサイトはどのようにして見ることができるのでしょうか? 
 大まかな流れは図1のとおりです。簡単にいえば見たいサイトの情報をもっているWebサーバにアクセスして そのWebサーバからその情報を送ってもらうということになります。

(図1)クリックしてご覧ください


 具体的にはまず、Webブラウザにhttp://www.abc.comのようなURL(uniform resource locator)を入力する(①) とWebブラウザは見たいサイトの情報をもつWebサーバのIPアドレスを求めるためにDNSサーバ(Domain Name System) へ検索要求を送ります(②)。

【DNSサーバの役割】
 DNSサーバはwww.abc.comのようなドメイン名とインターネットにおける住所にあたるIPアドレスとの 対応付けをする役割を担います。最初にWebブラウザが検索要求を出すDNSサーバは契約しているプロバイダ にあるDNSサーバのようなローカルDNSサーバになります。

 このローカルDNSサーバはWebサーバ(www.abc.com)はどこにあるのか分からないので、 最初にルートDNSサーバに問い合わせます(③)。このルートDNSサーバはcomドメインを管理している DNSサーバのIPアドレスをもっているので、そのDNSサーバのIPアドレスを返してくれます(④)。

 次にローカルサーバはcomのDNSサーバに対してabc.comのIPアドレスを問い合わせます(⑤)。 ComのDNSサーバはabc.comのDNSサーバのIPアドレスを返してくれます(⑥)。そしてabc.comのDNSサーバに abc.comのwebサーバ(www.abc.com)のIPアドレスを問い合わせます(⑦)。 そしてabc.comのDNSサーバはwww.abc.comのIPアドレスを返してくれます(⑧)。

 このようにドメイン名とIPアドレスの対応は階層構造で管理されています。ちなみに階層構造のルート DNSサーバは世界で13台あり、日本には1台が割り当てられています。

 こうしてローカルDNSサーバが見たいサイトのWebサーバのIPアドレスをWebブラウザに教えてくれ(⑨)、 WebブラウザはこのIPアドレスにHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)というWebブラウザとWebサーバとの 通信プロトコルの手順に則ってwww.abc.comのWebサーバにサイトの閲覧要求を出します(⑩)。

【Webサーバの役割】
 閲覧要求を受け取ったWebサーバは要求されたファイルの読み出しやプログラムの実行をして(⑪) Webブラウザに情報を返します(⑫)。最後にWebブラウザは受け取った情報をブラウザに表示できるように 復元して画面に表示します(⑬)。

 以上のような流れでWebサイトの閲覧ができるのです。


↓ネットワークの勉強には最適です