top

サイト内検索

会社の種類

【会社は4種類ある】
 一口に会社といっても世の中にはいろいろな形態があります。2006年5月に施行された会社法上、 会社は株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の4種類が存在します。会社法施行以前には 有限会社という種類もありましたが、株式会社に統合されました。

 合名会社は会社の債務について債権者に対し、直接的に限度なく責任を負う社員(直接無限責任社員) で構成された会社です。社員は会社の債務に重い責任を負っているので、会社の経営に強い 利害関係を持つことなり、原則として会社の業務を執行する権利が与えられています。 このような特徴を持つことから、お互いの信頼関係を基礎とした同族や仲間内での 小規模な企業経営に向いていて、業種的には酒造会社に多く見られます。

 合資会社は会社の債務について債権者に対し、直接の弁済責任を負っているものの、 責任が一定の範囲に限られている社員(直接有限責任社員)と直接無限責任社員で 構成された会社です。このように責任を軽減した形態となっている点で合名会社に 比べて出資者を募りやすいというメリットがあります。

 合資会社の社員は直接有限責任社員、直接無限責任社員ともに業務を執行する権限を有しています。 合資会社も合名会社と同様に小規模な企業経営に向いていて、酒造会社に多く見られます。

【有限会社はなくなった】
 合同会社は会社法施行に伴って新たに設けられた会社の形態で、会社の債務について 債権者に対する弁済責任を負わずに出資義務のみを負担する社員(間接有限責任社員) のみで構成された会社です。

 合名会社や合資会社と同様に会社の所有と経営は分離しておらず、社員全員の意見を経営に反映できる ことが特徴となっています。
 これはアメリカ合衆国及びイギリスにおける法人形態であるLLC(Limited Liability Company) を参考にして日本に導入されました。

 以上のことから会社法施行により新規設立が認められなくなる有限会社に代わって、 有限責任の小規模法人として今後多く設立されることが見込まれる会社形態です。

【会社規模を大きくできる株式会社】
 株式会社は間接有限責任社員のみで構成された会社で、社員の地位が株式という細分化された 割合的単位の形をとる会社です。合同会社との違いは会社の所有と経営が分離している点で、 社員である株主は原則として経営には関わらないで、経営の専門家である取締役に委ねている点です。

 こうすることにより、通常、経営の能力や意思を持ち合わしていない投資家が経営に関わらなくても 済み、負担が取り除かれたことによって大量の資金が可能となり、会社の規模拡大が行いやすい形態です。