top

サイト内検索

法律の種類

【効力は憲法>条約>法律>命令】
 一口に法律といっても、憲法から条例、規則までさまざまなものがあります。それぞれどうのような関係にあるのでしょうか。 法律の種類を挙げて見ます。

(1) 憲法
 国の組織や作用の大原則を定めた国家最高の法規です。
 その形式で以下のように分類されます。
  1) 成文法と不文法
    成文法は文字で表記された文書の形式をとる法で、日本国憲法
   はこれにあたります。一方、不文法は文書の形式をもたない法で、
   慣習法などとも言われます。
  2) 硬性憲法と軟性憲法
    硬性憲法は通常の法律の改正手続きより厳しい条件が要求される
   憲法で、日本国憲法はこれにあたります。軟性憲法は通常の法律の
   改正手続きと同じ手続きで改正できる憲法です。

(2) 条約
 条約は国際法上で国家間の権利義務を定めた文書による合意で、
成文法の形をとります。日本においては、国家が同意しているもの
は公布されて、日本国内では法律より優先し、憲法には劣る位置づけ
になります(但し、この位置づけには議論があります)。

(3) 法律
 国会の決議を経て制定される法です。法律の形式的効力は、憲法
より下位で、行政機関が出す政令、省令、地方自治体の議会が定める
条例より上位です。
 立法の形式として、国会議員が法律案を提出する議員立法、
衆議院・参議院に置かれた委員会が立案して、委員長名で提出される
委員会提出法律案、内閣が法律案を提出して立法する場合があります。
民法、刑法、行政法など数多くあります。

(4) 命令
 命令とは、行政機関が制定する法律で、以下のような種類があり、
政令 > 府令・省令 > 規則・庁令の順に効力があります。
  1) 政令
    内閣が制定します。憲法・法律の規定を実施するために制定
   された執行命令と呼ばれる政令と、法律の委任に基づいて制定
   される委任命令と呼ばれる政令とがあります。
  2) 総理府令
    内閣総理大臣が制定します。
  3) 省令
    各省の大臣が制定します。
  4) 規則・庁令
    各委員会、各庁長官が制定します。

【規則は機関独自で定める】
(5) 規則(国家法)
 立法・行政・司法の各機関が手続きおよび内部規律に関して独自に
定めた法です。議院規則(衆議院規則、参議院規則) 、最高裁判所規則、
会計検査院規則などがあります。

(6) 条例
 普通地方公共団体が制定する法で、法令に違反しない限り、
普通地方公共団体は条例を定めることができます。
千代田区などが定める歩きたばこ禁止条例などがあります。

(7) 規則(地方法)
 普通地方公共団体の長が制定する法で、法令に違反しない限り、規則
を定めることができます。地方公共団体の議会の会議規則などがあります。


以上の内容をまとめると、下図のようになります。