top

サイト内検索

日経平均株価って何を表している?

【日経平均株価は225銘柄の平均で決まる】
 よくニュースや新聞で「日経平均株価」とか「TOPIX」、「ダウ平均」といった株価の指標を見かけますが、 どういう指標なのでしょうか。

 まず、日経平均株価(「日経225」とも呼ばれる)ですが、これは日本経済新聞社が毎日公表している指標で、 東京証券取引所の一部に上場されている約1700銘柄の株の中から選定された取引が活発で流動性の高い 225銘柄の平均株価(株価平均型株価指数)のことです。225銘柄は幅広い業種から選ばれており、 市場全体の値動きを表す指標となっています。これら225銘柄はほぼ毎年数銘柄が入れ替えられています。

【TOPIXは時価総額を表す指標】
 次に「TOPIX」ですが、これは「Tokyo Stock Price Index」の略で正式には「東京株価指数」といいます。 東京証券取引所の一部に上場された全ての株の時価総額(株価×発行株式数)がどのくらい増減しているのかを表す指標で、 1968年1月4日を基準時としてこの日の時価総額を100としたときの現在の時価総額を表しています。

 「ダウ平均」はアメリカの株価指標で正式には「ダウ工業株30種平均」と言い、ニューヨーク証券取引所に 上場している代表的な30銘柄の平均株価で、アメリカの通信社ダウ・ジョーンズ社が公表しています。 このダウ・ジョーンズ社は有名な経済新聞「ウォールストリートジャーナル」を発行している通信社です。 日経平均株価はこのダウ平均を参考に設定されています。