top

サイト内検索

株を買うとはどういうこと?

【株で会社の資金を調達する】
 株を買うということは買った金額分だけその株を発行している企業に出資したことになります。 会社を立ち上げようとしたとき、十分な自己資金がなければ何とかして資金を調達しなければなりませんが、 実績がなければ銀行などの金融機関ではなかなか資金を借りることはできません。

 そこで不特定多数の人に少額でもいいので広く資金を募集すれば立ち上げに必要な資金を調達できることになります。 このとき出資してくれた人に証明書として発行するのが株です。

【株の儲けはキャピタルゲインとインカムゲイン】
 株はいったん市場に流通すると額面ではなく時価で取引されます。出資した人、つまり証券会社を通じて株を 買った投資家は出資した企業がまだ実績を積む前に1株あたりの時価が安いときに大量に買っておけば、 その企業の業績が上がり、時価も上がれば買ったときにその株を売却すれば購入したときの金額よりも大きい 金額を得ることができます。いわゆる株で儲けることですが、これをキャピタルゲインといいます。

 この他に株を持っていて儲けることのできる方法が株の配当です。企業に利益が出た場合、その一部を持ち株数 に応じて配当金が株主に支払われます。これをインカムゲインと言います。ただし、配当は必ず得られるものではなく、 利益がでなかった場合や利益が出ても事業資金などのために自由になる余剰資金を持っておきたい場合などには 配当が出ない場合があります。

以上のように株で儲けること以外に株を持っていることの意義としてはその企業の経営に参加できるということがあります。 通常は株主総会に参加して企業の重要事項に関する議決に加わることになりますが、大株主であるような場合には役員 を送り込んだりして直接経営の指揮を取るようなこともあります。