top

サイト内検索

金融商品とは

【金融商品は金融機関にお金を提供する手段】
 そもそも金融とは金銭の融通のことで、お金を持っている人から足りない人や必要としている人に お金を融通することです。金融商品とは株や国債、預金などのように個人が企業や銀行などの 金融機関にお金を提供する手段のことをいいます。

 企業などに資金を提供する金融商品としては株式、社債、国債があります。 一方で金融機関に資金を提供する金融商品としては銀行に預ける預金、投資信託、保険などがあります。

 私たちがこれらの金融商品を利用するのは提供した資金を増やしたいためでありますが、 利用する金融商品によりたくさん増やせる代わりに損をしてしまう可能性の高い商品もあれば 損はしないけど大きくは増やせないといった商品もあり、そのリスクとリターンに応じて利用 することになります。

【預金はリスクが最も低い金融商品】
 リスクが低くリターンも低い商品の代表としては預金があります。 逆にリターンが大きいが、リスクも高い商品としては株があります。その中間として社債があります。

 預金は元本と利息が約束されていて、仮に銀行が倒産しても国から一定の保護があります。 株は元本は返ってきませんし、配当も確約されているわけではありません。 さらに持っている株式の株価が暴落すれば大損害につながることがあります。 その一方で株価が大きく上昇すれば大きなリターンを得ることができます。

社債は預金と同様、元本と利息は約束されていますが、発行した企業が倒産してしまうと 元本や利息が得られない可能性が高いというリスクがあります。