日記


いよいよ2008年ですね。



2008/1/2 オリエンタルランド

CGみたいですね。 いまさらですがあけましておめでとうございます。
ねずみ年にねずみ年の男がねずみの海へ行ってきました。
計8人でお正月からディズニーシーです。
写真はA君にもらいました。クリックするとでかくなります。

それにしてもあの二足歩行のねずみは本当にすごいですよね。
ビッグバンドとダンスのショーを見たんですが、
大勢のダンサーの中に混じっていきなりねずみが踊りだし、
その上ヤツはドラムまで叩き出して大活躍でした。
ドラムが叩ける齧歯目なんてなかなかいないと思います。
齧歯目(げっしもく)はネズミの仲間の総称です。

だいたいあのテーマパークはあの齧歯目が出てくるだけでなぜか
パーク全体に夢と希望の雰囲気が立ち込めるのが本当にすごいです。

普段音声認識や機械工学、建築学を研究しているはずのあいつらと一緒に
数理論理学を研究しているはずの自分がメリーゴーラウンドに乗ってしまうという
にわかには信じがたいレベルのファンタジーを実現させているのが
あの二足歩行齧歯目だというのはもはやホラーですよね。
齧歯目の醸し出す夢と希望に閉園前の変な勢いが加わって
23歳がメリーゴーラウンドに乗ってしまったのです。
すごいことです。

ついでに言えば、あのパークは齧歯目よりもむしろ他の
あまり目立たないスタッフたちのがんばりっぷりが素敵ですね。
ああいう人たちはすごいです。

ところで齧歯目といえばポケモンのピカなんとかっていうネズミが
10万ボルトとかふざけたことを言ってた気がしますが、
この話は長くなるのでまたの機会にしたいと思います。

ああそれから齧歯目と言えば、にこにこぷんのぽろりの人形が
遥か昔に我が家にあったはずなんですが、どこいったのか謎です。
今頃ディズニーシーでドラムでも叩いてるんじゃないかと気が気じゃないです。
見つけたら「お前には無理だ」と言ってあげてください。









2007/12/12 今ふと思ったんですが、

首都大の入り口です。とてもきれいで。 「平面上を点Dが移動し、」
というのは
"Hey,men!! Joe! Oh,Tendy! Guide she."
すなわち、
「やぁ男たち!!ジョー!あらまぁテンディー!彼女を案内してくれ。」
の聞き間違いなんじゃないかなって気がするんですよね。

"Guide she."じゃなくて"her"な気が少ししますが、それだと
「平面上を点Dが移動はぁ…、」
となって、息も絶え絶えな問題になってしまってつらいんですよね。
だからやっぱり"she"かなって気がしますね。

そういう意味では
「証明せよ」は
"Show may see you!"
の聞き間違いであり、しかも"see you"はなぜかローマ字読みだと思うんですよね。
問題文がさようならで終わるなんて素敵ですね。






2007/11/24 研究室にて

こんにちは。
ただいま午前3時7分です。
研究会が近いので研究室に泊まってレジュメを作っています。
ここからでは更新できないので、文章だけ書いて家に帰ってから更新しようと思います。

さて、なぜ今日記を書いているのかというと、
たったいま、ものすごいミスに気づいたからです。
これはすごいです。壮大なる勘違いです。
ここ一週間くらい考えてたことが全て覆されました。
証明できたつもりで全然できてませんでした。
一週間が軽く水の泡です。
こういうことはよくあるんですが、今回のはなかなか大きいケースです。

軽く説明すると、
「論理体系LKとLJは論理規則を適切に制限すれば能力が等価である」ということを、
示そうとしてたのですが、この際それはどうでもよくて、この内容をAとします。
何が起きたかというと、
Aを示すために補題B,Cを用意して、
Cを示すために背理法を行う途中でさらなる補題Dを用意し、
Dを数学的帰納法で示す中での更なる場合わけのそのまた場合わけの中のある一部分において、
なぜか証明ができないので考えていたら、そもそも補題Dが成り立たないことが判明した、
というわけです。
ここ一週間はDの証明にかかりきりだったので、そもそも成り立たないなんてすごすぎます。
そうならそうと最初から言ってほしいです。

しかし、Dの反例が他とどう違うのか調べていたらさらにすごいことが発覚しました。
なんとEが成り立ちます。
これはすごいですね。

B〜Eの中身を一切書いてないのであまりにもあんまりな日記ですが、
正直中身は大したことありません。くだらない補題の群れです。

しかしEは「論理がいかに論理的であるか」ということをあまりにもストレートに物語っていて、
もはや馬鹿馬鹿しいくらいに成り立つべくして成り立つのです。

人間は非論理的なので変な感覚に基づいた誤解を連発した挙句Dなどという愚かな補題を立てますが、
論理というものはおそろしく論理的であり、ただ何の意味もなく事実としてEが成り立ちます。
Eはすごいやつです。

ちなみに、A〜Eはどれも研究会で発表しても偉大なおじさんたちに
「ふ〜ん。だからなに?」
と言われて終わる内容なんですが、僕は今日Eに出会えただけで割と満足です。
研究会は首都大で12/4くらいにやります。
首都大は微妙に関係者的な人が知り合いに一人いますね。

さて、これだけ散々いっといて実はまだEの証明をしていません。
成り立たなかったら軽く人間不信に陥りそうです。
ですが、Eは成り立つと思います。
お願いします。
頼む。


ところで最近就活を始めて気づいたんですが、実は就活って大事ですね。
いや、前々から気づいてましたが、特に実感しました。
上記のとおり研究内容があまりに役立たずでアピール度が皆無なので、
ちゃんと気合いをいれてがんばろうと思います。


それからもうひとつ。最近楽器を吹き始めました。
来年演奏会に乗ることになったので。
1年以上1回も楽器ケースを開けなかったくらいの勢いなので
もうひどい有様なんですが、感覚が懐かしくてちょっといいです。
現役のころみたいに焦ったりせず少しずつ思い出そうと思います。

すげえ日記っぽい日記を書いてみました。
さて、Eの証明をします。






2007/10/14 川を下ろう!

ここは下ってないんですが、
川下り中は写真とれなかったので。 川を下ってきました。
具体的には、富士川でラフティングというのをしてきました。

ナチュラルアクション・アウトドアツアーズにお世話になったんですが、
ボートで川を下るという行為は少なくとも
人間のナチュラルなアクションではない気がします。
ナチュラルアクションでは他にもいろいろ体験できて、
マウンテンバイクで大自然を駆け巡る、とかもあるんですけど、
とにかくどれもナチュラルなアクションじゃないんですよね。

ナチュラルアクション、と豪語するからには例えば
「体験!呼吸!!!」
とかいうツアーで、行くと呼吸を体験できて即帰宅、
くらいのナチュラルさがほしいわけです。
アウトドアなので天候状態が悪い場合はツアー中止なんですが、
中止しつつもみんな呼吸してしまい何がなんだかわからなくなるという
ものすごいツアーなんです。

他にも「体験まばたき」や「体験細胞分裂」などのツアーがあり、
まばたきや細胞分裂のプロが丁寧に教えてくれるので
初心者のあなたも安心です。


ところで最近、日記に行き詰ると無闇にgoogleで検索する癖がついてしまい
「初心者のあなた」は91700件でした。
しかもこの初心者のあなたという人物は異常に多才で、
パソコン、英会話はもちろんダーツ、相撲、不動産投資、歌舞伎と、ありとあらゆるジャンルを
なんと全て「今すぐ簡単にできる」というまさしく驚異的な人物です。
やってもいないのに湧き出るこの自信はなんなんでしょうか。

そして検索しているとたびたび「超初心者のあなた」という人物も出現します。
これはおそらくスーパーサイヤ人と似た系統の人々で、
初心者のあなたの髪がやたらに光りだすと超初心者のあなたになるわけですが、
初心者のあなたでさえあれだけの能力を誇っていたのに
超初心者のあなたが本気を出したら何が起こるのかもはや見当もつきません。

ところでこの日記は超初心者のあなたでも今すぐ簡単に書けるので
誰かこの収拾がつかなくなった文章の続きをなんとかしてください。
川下り楽しかったです。






2007/9/23 仙台へ行こう!

オルゴール博物館にあった世界最大のオルゴール。マジうるさい 日本数学会の講演を聴きに仙台へ行こう、
という愚かなことを思い立ち、計3人で一泊仙台旅行をしてきました。

さて、実はこの日記を書くのは今日で2回目です。
旅行みたいなでかいイベントって日記に何を書くべきか迷うのです。
いろんな話題があり得るのでどれを使おうか考えてしまいます。

それで迷いすぎて前回は結局書かないで終わってしまったので、
今日は迷わないために出来事を全部書こうと思います。

夜行バスで仙台に着きました。眠れなかったです。
さんまを食べました。おいしかったです。
なんか島を歩きました。楽しかったです。
オルゴール博物館に行きました。うるさかったです。
仙台を歩きました。広かったです。
牛タンを食べました。高かったです。
変な丘に登りました。変だったです。
宿に泊まりました。宿だったです。
東北大に行きました。東北だったです。
電車で帰りました。長かったです。

これは悪くないです。意外と達成感というか、全て書ききった感があります。
難しいこと考えて書くからいけなかったんですね。

ところで「楽しかったです」という感想はこのページだけで5件もヒットしてしまうほど
非常に高いシェアを誇る言葉ですが、では「楽しくなかったです」はどの程度の
シェアを持っているのか、調べてみました。

やめればよかったと思いました。
結論からいうと17100件のヒットがあったんですが、要するに17100人の楽しくなかった人たちが
ここぞとばかりに溢れてくるので異様にイヤな気分になります。
彼らが楽しくなかったのは別にどうでもいいはずなんですが、
これだけ雪崩のように出てくるともうみんなまとめてどこかへ投げつけたくなります。

ついでなので「全然楽しくなかったです」に拡張してみたところ、1870件でした。
これはもう、すごいです。
全然楽しくなかった人たちのオンパレードです。こっちも全然楽しくないです!!

もうこいつらをまとめて「楽しくて楽しくて最高でした」1840件と戦わせたいです。
単純に考えればうまい具合に中和して3680人の「普通だった」人たちを生成した挙句、
「全然楽しくなかった」人たちが30人余るはずなんですが、これはあくまで理論なので
誰か実験して結果を教えてください。

仙台楽しかったです。






2007/9/15 名古屋へ行こう!

シベリウスの交響曲6番7番を聴きに名古屋へ行こう、
という愚かなことを思い立ち、計5人で一泊名古屋旅行をしてきました。

6番も7番も滅多に演奏されない曲なのでかなり期待して行ったんですが、
名古屋フィルの皆さんがとても素敵な演奏を聴かせてくれて、
すっかり名古屋フィルのファンになってしまいました。
特に7番はあんなにわけのわからない曲なのに信じがたい名演で、
名古屋フィルは全員シベ7マニアなのかと思いました。
6番も他の曲もよかったです。

写真のテレビ塔にも登りました。東京タワーじゃないんです。
写真を撮っているこの場所は「オアシス21」というところで、
何がやりたいのか全く理解できない不可解な建造物です。
そういえばみなとみらいも正式名称は「横浜みなとみらい21」なんですよね。
21ってなんなんですかね。

最近有名なwikipediaによると21は「20の次で22の前の数」であり、
サイコロの目を全部足した数であり、スカンジウムの原子番号であり、
岐阜県瑞浪市から滋賀県米原市へと続く国道の番号であり、
ビールの王冠についてるギザギザの数であり、
その階乗は51090942171709440000だそうです。

そして実はこの中でも最も注目すべきは最初の「20の次で22の前の数」という部分です。
これは非常に重要な情報です。
もしこれが「21は、20の左で22の右上よりやや左に5cmくらいの数である」とかだと困るわけです。
あるいは「22は、21をまっすぐ行って3つ目の信号で左折、および23から徒歩10分の数」
とかだとすげえ困るわけです。
まさか22から23に徒歩だとは誰も思わないから困るわけです。
まぁバスでも困るしタクシーだと交通費が苦しいので余計困るんですが、
とにかく「21は20の次で22の前の数」っていうのはもう誰が見ても最高です。
21は20からタクシーに乗らなくていいし左折しなくてもよくて、次、なんです。
次かよ!みたいな感じで、すごすぎます。
この日記のわけわかんないっぷりもすごすぎますが、21も充分すごすぎます。

というわけでそんなすごすぎる21が名前についてる場所でこの写真を撮ったんですが、
別に建造物に数字とかつけなくてもいいんじゃないかなって気がするんですよね。
前触れなく正論を吐くという快挙を成し遂げました。
すごくなさすぎます。

参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/21





2007/8/18 富士山に登ろう!

富士山に登ってきました。楽しかったです。
これは頂上からの写真です。クリックすると拡大できます。

夜に新宿を出発し、22時半に五合目から登り始めました。
富士山をなめてはいけません。大変でした。
頂上についたのが朝の5時でした。
そして降りてきたら朝の9時半でした。
登りのことしか考えずにそこに全力を使い切っていたので
むしろ下りの方がきつかったです。

実は僕は昔から不満なことがあるんですが、
坂を下ると位置エネルギーが低下していて、
その分のエネルギーで元気になってもよさそうなものなのに、
逆に疲れるというのはどう考えても不条理ですよね。

登山というのはその最たる例で、
登りも下りも両方エネルギーを消耗するなんてひどすぎると思います。
百歩譲って位置エネルギーが体力に還元されないにしても、
なんらかのエネルギーにはなるべきであって、
山を下るとなぜか発電、とか、山を下るとなぜか体温が50度、とかになるべきです。
特に発電ができればベストで、1億2000万人が総出で富士山を下れば
原発もいらない気がするんですよね。

というわけで、理科でエネルギー保存則を習った中学生が真っ先に言いそうなことを
大学院生が声高々に述べるという貴重な日記が出来上がりました。
このままでは「数学なんてなんの役に立つんだよ」とか言い出しかねないので
この辺でやめておきます。

数学は「数学なんてなんの役に立つんだよ」と中学生に言わせるのに役立っている気がします。




2007/6/29 10000hit!

とうとうカウンターが1万を突破しました。
1000だったか2000だったかのころに
「1万って何年後だよ(笑)」と言っていたのを思い出します。
3年後くらいでした。

まぁよく考えてみれば10000という数字は10進法だからキリがいいのであって
数字自体は何も特別なものではありません。
人間の指が偶然10本だったからここでこうして騒いでいるだけです。
16本あったら16進法なので今頃まだ2710hitです。

それにしても16進法で2710hitになるまでよくこのページが存続したと思います。
途中なんども更新を半年以上も放置したのにまだたまに来てくれる人がいる
ということに感謝です。ありがとうございます。
またそのうち放置すると思うので半年くらい経ったら見に来てください。

さて、ページをリニューアルしました。こんなことは初めてです。
今まで黒かったので白くしてみました。すっげえ安易ですね。

それからハンドルネームも変えてみました。「わ」です。
mixiから流用してみました。絶望的に安易ですね。

そもそも安易なことに安易であるとコメントするこの日記が最も安易ですが、
それ以前に「安易」って母音だらけで言いにくくて腹が立つので「安易」でググってみたら
一番上は「安易なパスワードトップ10」で1位が「123」、2位が「password」でした。
確かに安易です。異常なほど納得しました。




2007/6/27 エヌクラ

小学校1年のころ、N倉という友達がいました。
いつも一緒に遊んでたんですが、N倉は3年になる時に転校してしまいました。

つい最近、N倉の夢を見ました。
どこだかよくわからない部屋に22歳のN倉がいました。

顔が適当でした。

ショックでした。
小学生の記憶力をあざ笑うかのようないい加減な顔でN倉は登場しました。
夢で久々に再会を果たした旧友の顔が適当だなんてひどすぎます。

その後、まだ連絡を取っている当時からの友人に
「N倉の顔が適当だったよ」とメールで報告しました。
すると彼は、
「けいすけか。今度けいすけの家に遊びに行こう」
と返事をくれました。
ところでN倉の名前はけいすけではなくけんじです。
N倉はいよいよ名前まで適当になってきました。

というわけで僕らの友N倉はいまや顔も名前も適当ですが、
またいつかどこかで会う機会があればとても素晴らしいと思います。
また一緒に下校したいです。


N倉へ
もしこの日記を読んでいたらメールください。
久しぶりにゆっくり語り合いましょう。
ちなみにメールには名前を明記して顔写真を添付してください。


なお、ネット上なのでN倉の下の名前は仮名にしました。
なんだか新しい人物を創造しつつあります。





2007/6/21 半年ぶりの日記

なぞなぞを出します。

Kが10個集まってできるものな〜んだ?

答えは毛糸です。Kが十あるからです。
別にオリジナルではないです。
ちょっと気が触れて某所からパクってきました。



さて、最近「ソフトウェア論理学」という講義を受講しています。
この前適当な席に座ったら、前の人の耳にクギが刺さっていました。
数えてみたところ、左に3本刺さっていました。
なんで耳にクギを刺してソフトウェア論理を勉強しているのか謎です。
なんだか、

「左の耳にクギが3本刺さっているものな〜んだ?」

というなぞなぞがいかにもありそうです。
状況の意味不明っぷりがまさしくなぞなぞです。
まさかなぞなぞを地で行く男が目の前に現れるとは思いませんでした。

困りました。
体を張ってなぞなぞを繰り広げる彼を目の当たりにして
僕は一体どうすればいいんでしょうか。
とりあえず、このなぞなぞを考えてみました。

わかるわけないです。
なぞなぞは不条理です。
だいたいKが10個集まって毛糸になるわけないです。
つなげて言えばいいってもんじゃないはずです。
そんなんだったら、左の耳にクギが3本刺さっているものは「ひだりみみ3クギ」です。

目の前でノートを取り続ける彼に
「今日からお前はひだりみみ3クギだよ」と教えてあげたいです。
ですが授業中なのでそんなことはできず、
ひだりみみ3クギは僕の思いをよそに淡々とノートを取り続けました。
そして授業が終わるとひだりみみ3クギはさっさと講義室を出て行きました。

おそらく彼は弟のみぎみみ2クギに会いに行ったんだと思いますが、
途中でサークルの先輩のひだりふくらはぎ8ネジが出てきて言い争いになると思います。
ひだりふくらはぎ8ネジは最近「俺、実は9ネジなんだよね」と見栄を張り出したので
サークルの問題となっていて、部長の全身128安全ピンが頭を悩ませています。

もうやめます。
間違えました。
部長の安全ピンが多すぎました。
というより最初から全部間違えてました。

久しぶりに日記を書くと全然だめです。






2006年1月〜12月へ

戻る