輪違屋糸里

浅田次郎 著
文藝春秋


 かなり前のことになりますが、浅田さんの書かれた『壬生義士伝』に触発されて、北方謙三さんの『黒龍の柩』、司馬遼太郎さんの『燃えよ剣』『新選組血風録』と続けて新選組ものを読んでいた時期がありました。それぞれの人がそれぞれの新選組を書いていますが、本作品はかなり変わっています。題名を見ただけではとても新選組と関係あるとは思えません。

 題名の輪違屋とは京・島原の芸妓置屋で、糸里は輪違屋にいる天神と呼ばれる芸妓です。島原の芸妓は禿(かむろ)と呼ばれる使い走り、そして半夜(はんや)−鹿恋(かこい)−天神という順序で出世します。そして島原の芸妓の最高位を「太夫」(こったい)と呼び朝廷から正五位の位(大名と同格)を授けられていて、輪違屋にしかいなかったそうです。

 題名はともかく、本書の主人公は芹沢鴨でしょうね。
 これまで、芹沢はあまり良い人物に描かれたことはあまりありませんが、本作品ではそれに対して異議を唱えます。近藤・土方・沖田といった百姓や足軽上がりの人物達に比べて、芹沢は教養もあり剣の腕も確かな憂国の堂々たる武士なのです。芹沢といえば酒乱で乱暴者というイメージがありますが、本書を読んだあとではそのイメージも変わることでしょう。
 逆に、土方は陰険な策謀家です。自分も惚れ、自分にも惚れている糸里を策謀に利用できる男です。また、近藤は石頭で武士になりたいと願いながらもなりきれない男。沖田はイメージ通りです。お調子者ですが、胸の病に冒されるシーンは涙を誘います。永倉は正義漢でいいのですが、ちょっとおしゃべりしすぎ?
 結局、芹沢暗殺とは守護職松平容保が近藤・土方らに科せた踏み絵でした。百姓や足軽上がりの人間が堂々とした侍になれるか、侍となるには真の侍を斬ってみろというわけです。

 『壬生義士伝』と同様に、本書でもしゃべりことばの使い方がうまい。しかも本書では京ことばが印象的です。ところどころわからないところもありますが、やはり浅田さんは方言を大切にしておられる人なのでしょう。6歳のおいとが女衒(ぜげん)に買われて輪違屋に連れてこられた場面。

「気丈なお子ォや。いずれええ太夫にならはりますえ。せだいお気張りやっしゃ」
 糸里という名は、女将の情けであった。
 母から貰った名を奪われることなく、いとはその日から、輪違い屋の糸里と呼ばれるようになった。
 こんな感じで壬生住人士のおかみたちの会話のうるさそうなこと。「京すずめ」ということばがありますが、読みながらこんな感じかと思ってしまいました。でも、これは決してけなしているわけではありませんから、誤解なきよう。

 本の帯に書かれたセンセーショナルな宣伝文句を紹介しましょう。
【上巻】
運命の糸に操られた男と女、京の闇に死の衣をまとう者たちがさまよう

だあれも恨むのやない。
ご恩だけ、胸に刻め。ええな


日本中が泣いた大ベストセラー
「壬生義士伝」を超える浅田版新選組

【下巻】
九月十八日の雨の夜、何が起こったのか。罪と闇が溶ける、男と女の匂い

芹沢さん、
あたしら、毀れちまいましょうよ


暗い闇にただよう死の静けさ
浅田版新選組の最高傑作
 なんだか、ここまで言わなくても・・・という気もしますが・・・(笑)
 賛否両論あるようですが、私は結構気に入りました。第三者の語りをうまく組み込んで話を展開させるのは浅田節とでもいいますか。これがうまい。途中までは悪役であってもいつの間にかいいものになってしまいます。しかも涙腺をジワッと弛める技は健在でした。

 輪違屋糸里 上  輪違屋糸里 下

戻る