孫子兵法 発掘物語

岳南 著、加藤優子 訳
岩波書店


 中国では文化大革命さなかの1972年、山東省の工事現場で漢墓が発見されました。この墓からは大量の竹簡が発見され、その中でも孫子兵法の2種類の兵書はそれまで謎であった孫武・孫臏<(そんぴん)>のことを明らかにする大発見でした。
 本書の原題は『遭遇兵聖』といいます。著者は63年生まれで、90年代以降中華考古文学学会を設立し、考古学のルポルタージュの創作を行っている方です。これまで10冊の刊行があり、『秦始皇帝陵の謎』『夏王朝は幻ではなかった』が邦訳されているとのことです。
 
 本書は以下の構成となっています。
プロローグ
第1章 兵書出土
第2章 竹簡が明かす真実
第3章 竹簡兵書から見た孫武・孫臏伝
第4章 二人の孫子と2種の孫子兵法
第5章 孫武・孫臏の実像を求めて
第6章 世紀の陰謀
エピローグ

 1972年4月、山東省沂県の建設現場で作業員のロバはツルハシの先に何かの手応えを感じて振り下ろす手を休めました。これが『孫子兵法』発見の瞬間でした。
 なぜ、これが「世紀の大発見」といわれるのか。それは数百年にわたって行われてきた孫子論争に決着をつけるものだったからです。孫子は『史記』の「孫子・呉起列伝 第五」に春秋時代の孫武と戦国時代の孫臏について伝が設けられていますが、明の時代頃に史書など書物の内容を疑う立場の人々が出てきていろいろな意見が出されてきました。書物に書かれたことを全面的に信用する立場を「信古」といい、それを疑う立場を「疑古」といいます。
 擬古派の運動が本格化したのは清朝の終わりで、それを代表するのは戊戌の変法を行った康有為でした。彼は『孔子改制考』という書物で、堯・舜・禹・湯・文・武などの古代先王の行跡は全くの事実無根だといいます。孔子は自己の理想に基づいて旧来の制度を改変したいと願ったが、何の権力も持たない自分の意見など採り上げられないと思い、自分の理想を古代先王が実行していたかのように偽装して、それを六経に書き記したというのです。古代先王の治績は、実は孔子が経書に込めたプランであったという過激な主張でした。

 孫子に関する擬古派の主張にもいろいろあります。主張のベースはいろいろありますが、その結論だけを書くと、
  1. 孫武の『孫子兵法』は後世の人が書き、それに孫武の名を被せただけであり、孫武という人は実在しないと、「およそ司馬穣苴と孫武はどちらも妄想の産物であり、事実ではない」。(南宋の葉適)
  2. 『孫子兵法』はすべて戦国時代のことであり、もしかすると孫武はいたかもしれないが、13篇はその著作ではない。(明の章学誠など)
  3. 『孫子』は春秋戦国時代のものであり、その基となる人は孫武であるが、その基礎の上に春秋戦国時代の実戦経験や軍事学説を付け加えたのは孫臏である。現存の13篇は曹操による削除や編注などの手を経ている。(1962年、郭化若)
  4. その昔、伍子胥がいて孫子はいなかった。孫臏は伍子胥の子孫であり、孫武とは実は伍子胥のことである。(清代の牟黙人)
  5. 孫武と孫臏は同一人物で、『孫子兵法』は戦国時代に孫臏が著したものである。司馬遷は『史記』を編むときに誤って二人に分けた。(現代、銭穆)

 今から見れば勝手な見方ですが、これらの主張は1972年の発見によってきれいサッパリと消え去ることになりました。
 本書第1章では、世紀の大発見なのに文化大革命という時代背景のために貴重な資料が多数失われたこととか、地方と中央とのせめぎ合いなど、緊迫した状況が興味深いです。あと、第6章には1996年に『孫武兵法』82巻が二千年の後に見つかったというニュースが世界を巡りましたが、これはインチキであったということが書かれています。世の中にはいろんな人がいるものだと、面白かったです。

 

戻る