青雲はるかに

 この本の主題は現代風に言うと、愚かな上司にいじめられた才能豊かな部下の苦悩というところでしょうか。
 主人公范雎(はんしょ)は身に覚えのない冤罪を着せられ魏の宰相・魏斉にとんでもない仕打ちをされます。本書は九死に一生を得た范雎がその復讐に燃える物語です。・・・というと、なんだか暗い物語のように聞こえますが、そう感じさせないところが宮城谷さんのすごいところでしょう。

(集英社 刊)

 魏王に仕えたいという思いを胸に、学問に励んだ范雎(はんしょ)は、諸国を遊説する道すがら、運命の女性、原声(げんせい)に出会います。若い頃は単なる大言壮語の士であったのですが、諸国を巡り苦労を重ねるうちに人間的にも大きくなっていきます。
 やがて宰相・魏斉の臣須賈(しゅか)にどさくさ紛れで仕えることになった彼は、須賈に従って斉に赴き、そこで彼の噂を聞いた襄王に会見することとなります。しかし、彼の資質を見抜けない魏の宰相・魏斉(無能!)はその行為で彼に異心ありと誤解して彼にとんでもない仕打ちをするのです。鞭で半死にになるまで叩き(普通は鞭打ちというのは何回と決まっており、それ以上は叩かないことになっているのに、彼が死んだと思うまで叩かせるのです)、死んだと思って厠の下に投げ込み上から小便を掛けるのです。なんとひどい仕打ちでしょうか。

 不思議な運命で、間一髪范雎は助けられましたが、魏斉はしつこく范雎を追います。その時、原声がなんと魏斉の側室になっていることを知ります。なんとか隠れていましたが、そうしているうちに、秦が魏を攻めはじめるのです。秦では資質のあるものを用いて国力が増し始めていました。
 魏の宰相・魏斉から憎まれていた范雎は身を隠すため、張禄と名を変えて秦の王・昭襄王に近づき宰相となって、「遠交近攻の策」を説きます。その結果、魏を攻め落として魏斉を滅ぼし原声をとりもどします。これまでの苦労は魏斉への復讐をとげるため、愛する人を取り戻すための道のりだったのですね。

 若い頃、自分を助けてくれた人々に恩を返します。最後には魏斉は魏を追われることになりますが、原声が范雎を助けたことを知り殺そうとします。この辺は手に汗を握らせ、どんでん返しもあるハードボイルドタッチです。結局原声は范雎のもとに来てハッピーエンドになりますが、読み終わった後も爽やかさが残る作品です。

(以下、2005/8/20 追記)

 ここのところ連続して宮城谷さんの作品を再読しています。最初に読んだのは4〜5年前なので、感じるところが違っているのは当然なのですが、本作品は最初に読んだ時の方が今回読んだときより「お気に入り度」が高かったようです。以前は★★★★をつけましたが、残念ながら今回は0.5ポイント減じて★★★☆としました。
 主人公の范雎さんは『史記』には「范雎・蔡沢列伝」として結構よい印象で描かれています。ただ、史記に書かれている以上に本書に登場する范雎さんはちょっと「いい人」過ぎるような気がしました。もともと、壮絶な復讐劇が主題ですが、これをもとに宮城谷さんは想像力を発揮してさわやかな作品に仕上げられていますが、もう少し人間くさいところがあったような気がします。しかし、それにしても『史記』ではせいぜい1〜2ページで書かれている本書の最初の山場、范雎が魏斉に半殺しの目に合わされるお話を本書では約1冊かけて書いておられます。この想像力にはいつもながら驚かされ、これが宮城谷さんの作品の魅力ですね。

 本書の最初の部分をご紹介しますが、このきれいな描写はどうでしょう。最初からもう宮城谷ワールドへ引き込まれてしまいます。

戻る