正気の歌

文天祥
伴野朗著 『中国・反骨列伝』より引用


 天地に正気<(せいき)>有り
 雑然として流形を<(あた)>えらる
 下は則ち河嶽<(かがく)>と為り
 上は則ち日星<(じつせい)>と為る
 人に於いては浩然と<()>
 沛乎<(はいこ)>として蒼冥<(そうめい)><()>

 <(おお)>いなる路の清く<(たい)>らなるに当たりては
 和を含みて明庭に吐く
 時 窮まれば 節 <(すなわ)><(あら)>われ
 一つ一つ丹青<(たんせい)><()>

 斉に在りては太史<(たいし)>の簡
 晋に在りては董孤<(とうこ)>の筆
 秦に在りては張良の<(つち)>
 漢に在りては蘇武<(そぶ)>の節

 厳将軍の<(こうべ)>と為り
 <(けい)>侍中<(じちゅう)>の血と為る
 張睢陽<(すいよう)>の歯と為り
 顔常山<(がんじょうざん)>の舌と為る

 或は遼東の帽と為り
 清き<(みさお)>冰雪<(ひょうせつ)>より<(はげ)>
 或は出師<(すいし)>の表と為り
 鬼神も壮烈に泣く
 或は江を渡る<(かい)>と為り
 慷慨<(こうがい)> 胡羯<(こかつ)>を呑む
 或は賊を撃つ<(こつ)>と為り
 逆豎<(ぎゃくじゅ)><(こうべ)>は破れ裂く

 是の気の旁薄<(ぼうはく)>する所は
 凛烈<(りんれつ)>をして万古に存す
 其の日月<(じつげつ)>を貫くに当たりては
 生死<(しょうし)><(いずく)>んぞ論ずるに足らん

 地の<(つな)> <()>りて以て立ち
 天の<(はしら)> 頼りて以て尊し
 三綱<(さんこう)> <()>に命に係り
 道義 <(これ)>が根を為す

 <(ああ)> <(われ)> 陽久に遭い
 隷なり <(まこと)>に力あらず
 楚囚 其の冠を<(むす)>
 伝車もて窮北<(きゅうほく)>に送らる
 鼎钁<(ていかく)> 甘きこと飴の如きも
 之を求むれど得べからず

 陰き<(へや)>には鬼火 <(しず)>かに
 春の<(にわ)>は天を<(とざ)>して黒し
 牛と<()>と一つの<(そう)><(とも)>にし
 鶏の<(すみか)>に鳳凰は食らう

 一朝 霧露<(むろ)><(こうむ)>らば
 <(あま)>んじて溝中の<(せき)><()>らん

 <(かく)>の如くして再び寒暑あれど
 百の<(れい)> <(おのずか)>辟易<(へきえき)>
 嗟哉<(ああ)> 沮洳<(しょじょ)>の場も
 我が安楽の国と為る

 <()>に他の繆巧<(びゅうこう)>有らんや
 陰陽も<(そこな)><(あた)>わず
 此れを<(かえりみ)>るに耿耿<(こうこう)>たるもの在ればなり
 仰いで浮雲<(ふうん)>の白きを<()>

 悠悠として我が心は悲し
 蒼天 <(なん)>ぞ極み有らんや

 哲人は<(ひび)><(すで)>に遠けれど
 典刑は夙昔<(しゅくせき)>に在り
 風ふく<(のき)>に書を<(ひろ)>げて読めば
 <(いにしえ)>の道は顔色を照らす


戻る