塩野七生 『ローマ人の物語』 スペシャル・ガイドブック

新潮社出版企画部編
新潮社


 本書に宣伝文句は とのことです。よくありがちな企画ですが、『ローマ人の物語』にどっぷりとはまった人にはたまらないかもしれません。・・・って私のこと?(笑)

目次をご紹介しましょう。
グラフ1 塩野七生の散歩道
グラフ2 皇帝たちの愛した街
ビジュアル 『ローマ人の物語』を訪ねる
  T〜X 第1部 <なぜローマ人だけが、あれほどの大を成すことができたのか>
王政から共和政を経て帝政まで。「興隆期」ならではの激動を追う
  Y〜] 第2部 カエサルが考え、アウグストゥスが実現させた「帝政」のもと、平和と繁栄を謳歌するローマ。「安定期」継続の真相とは?
  ]T〜]X 第3部 蛮族侵入、内乱‥‥次から次へと降りかかる危機。だがその「衰退期」にも、自らの誇りをかけ、孤軍奮闘する男たちがいた──
コラム
  T〜X 「リキニウス法」のスゴさ ハンニバルのアルプス越え 出されたら終わり「元老院最終勧告」 「アレシアの戦い」 稀代の弁論家キケロ
  Y〜] 「ユリウス姦通罪・婚外交渉罪法」 ローマの大火 交流の場コロッセウム 旅する皇帝ハドリアヌス 『ローマ人の物語』執筆の裏側
  ]T〜]X 共同皇帝制「マルクスの密かなる理想」 宿敵ペルシア王シャプール一世 なぜキリスト教を公認したのか? 4世紀末の最新蛮族情報 勝者蛮族と敗者ローマ人の共生
特別対談 「神々」のご加護で、書き続けられた
ロング・インタビュー なぜ、ローマ人は「寛容」だったのか?
グラフ3 帝国の属州を歩く
グラフ4 “ローマ人”と友達になるための美術館巡り

 『ローマ人の物語』を読んだ方はご存じでしょうが、この本は決してフワフワした本ではありませんし、かと言って読むのに手強い本でもありません。著者のローマに対する思いの結晶とでもいう作品です。しかも全15巻という大作。
 それに対し、本書はお手軽に全巻を走り抜ける、というコンセプトになっています。『ローマ人の物語』から印象的な場面を紹介し、印象的な文を引用して全巻をまとめています。それに加えて、登場人物を芸能人に見立てて芸能雑誌ででも紹介するようなミーハーチックな感じを漂わせています。例えば、「ローマ人劇場ベストX」というコラムがまさにそれで、納得させられるものも多いですが、「それはないんじゃない?」というようなものもあります。
 まぁ、古代ローマという、かつては私も敬遠するような世界をこれだけ一般に受け容れられるものに仕立てた塩野さんは大したものですが、それに輪をかけてもっと広い世界の人向けに書いた新潮社出版企画部はさすが、というほかありません。

 『ローマ人の物語』を読みながら、私には宗教の問題が一番引っかかるところでしたが、そのことをインタビューで塩野さんが明快に語っておられる部分がありましたので、紹介しましょう。
 もう一つ、ミーハーな企画なんですがおもしろかったのが、読者が選んだ「私の好きな登場人物」というコラム。新潮社のホームページで投票をおこなったそうで、当然筆者の思いが反映しているのでしょうが・・・、男性部門では
  No.1 ダントツでカエサルだったそうです。 (うんうん、異議なし)
  No.2 オクタヴィアヌス(アウグストゥス)とハンニバルが同率。 (私だったらハンニバルかな)
  以下 ティベリウス、スキピオ・アフリカヌス、アグリッパ、マルクス・アウレリウス、スティリコ、スッラだったそうです。
 まぁ、数百年という長い年月の中に登場した人々のなかで10人選ぶというのは難しいですが、人気投票するというのはおもしろいです。世の中にはへその向きが若干異なっている人がいるらしく、思いもかけない人の名が登場しています。(^^)

 

戻る