血涙

北方謙三 著
PHP研究所(全2巻)


 この作品は同じく北方さんの『楊家将』という作品の続編です。
 以下に内容紹介を引用しますが、「漢(おとこ)」を描く北方節は相変わらず健在です。
宋建国の英雄・楊業の死から二年。二代皇帝・趙光義が治める宋国と北の遼国は、燕雲十六州の帰属をめぐって対立。一触即発の状態が続いていた。業を煮やした帝は、楊業の息子たちに楊家軍再興を命ずる。父を見殺しにされた怒りを胸に秘め、楊家の誇りをかけて立つ六郎・七郎兄弟。楊家の長となった六郎は、父が魂を込めて研いだ「吹毛剣」を佩いて戦場に向かう。
強権の女王・蕭太后率いる遼国にも、天稟の才を持つ男が現われる。石幻果と名乗るこの男は蕭太后の娘婿で、「吸葉剣」という名剣を佩いていた。石幻果が父とも慕うのが、「白き狼」と呼ばれる遼軍一の猛将・耶律休哥(きゅうか)。耶律休哥こそ、武人のなかの武人、楊業を斃(たお)した男だった。
戦場で見えた六郎と石幻果。刃を交えた瞬間、天を呪いたくなるような悲劇が始まる。軍閥・楊一族の闘いを描き、第38回吉川英治文学賞に輝いた『楊家将』の続編でありながら新展開。中国の原典にはないオリジナルの物語。

六郎と剣を交えた瞬間、石幻果の記憶が蘇った。石幻果こそ、宋遼戦で落馬し、記憶を失って遼国に連れ去られた北平寨の守将・楊四郎だったのである。過去を取り戻した石幻果は、二つの人生を抱えてしまった運命を呪う。 敵国で将軍となり、元部下を斬り、兄弟と闘わざるをえなくなったのだ。想像を絶する苦しみのなかで、これから先どう生きるべきか心を悩ませているとき、手を差し伸べたのは、父とも慕う耶律休哥だった。 戦場で石幻果と出会った六郎も、石幻果が兄四郎ではないかとの疑いを濃くする。直接確かめるべく、石幻果に近づく六郎。疑いは事実だった。 兄弟が敵味方に別れて闘うという苛酷な運命を受け容れ、心に哀しみを宿して戦場に向かう男たち。闘うことでしか生きられない者たちに、勝敗を決する秋(とき)がやって来た。綾なす人々の憎悪と悲しみが交錯する衝撃の結末。乱世の終わりを彩る壮絶な物語が、いま静かに幕を降ろす。北方楊家将、ついに完結。
 記憶をなくした主人公があるきっかけで記憶を取り戻す、というストーリーはよくありますが、本作品ではその記憶の内容があまりにも残酷なものでした。題名の意味は読んでいるうちにわかってくるのですが、涙を誘う・・・という作品でないのは、北方作品に見られる厳しさからくるものなのでしょう。

 北方の、貧しいけれども軍事大国である遼に対して、南の、豊かではあるけれども軍事的には弱い宋。この両者がもともと漢族の土地であったが、遼に占領されている現在の北京あたりの燕雲十六州という領土を巡って争います。宋にとっては、燕雲十六州奪還は皇帝の悲願であったとしても、それがなくても別に国が傾くことはありません。一方、遼にとっては豊かな土地であるこれを宋に奪還されてしまうと国の存在自体が危うくなってしまいます。その「国」というものに振り回される男たち。北方さんの美学がよく表れているという気がします。
 遼と宋という国のありようが、なんだか現代の東アジアの状況を連想させてしまいます。違うといわれれば、確かに全然違うのですが・・・

   

戻る